司書の資格ガイド

司書になるルート

司書の資格を取得するための方法は3つあります。

 

最初は、図書館学に関しての科目がある短期大学や大学に通いながら資格を得る方法です。

 

司書になるために必要な科目を選んで履修すれば、卒業するのと同時に資格が取得できることになります。

 

別の方法としては、短期大学や大学、高等専門学校を卒業してから、司書になる為に必要な司書講習を受けて資格を取得する方法です。

 

司書講習は、夏休み中に文部科学大臣に委嘱された大学で受講することが可能ですので、これらの学校を出ていれば、どなたでも受講できます。

 

これは、司書になりたいと思って大学に通った方が、落としてしまった単位を補習することもできる講習です。

 

最後の方法は、中学や高校を卒業した方が司書の資格を取得する方法です。

 

まず最初に、司書補になったあとで、3年間の実務経験をこなし、司書講習を受講して資格を得る方法です。

 

この方法は、一番時間がかかってしまいますが、中学さえ卒業していればどなたでも司書になる資格があることを意味しています。

 

ですからほとんどの方に司書になるチャンスがあるということです。

 

司書の資格を取る方は年間で1万人ほどいると言われていますが、実際に司書になって働いている方はほんの一握りの方だけです。

 

司書の大部分の方が働く公立図書館は、採用人数等を自治体が設定するので、経済状態にとても影響されてしまうのです。

 

一度に多くの司書が採用されるケースはないために、狭き門になってしまいます。

 

大学図書館でも同じで、各大学で実施される試験に合格しないと採用してもらえないので、司書の資格を取ろうと思う時には、就職状況等もチェックしておくと良いでしょう。

司書になるルート関連エントリー


本のエキスパートになるためのガイドです

Copyright (C) 2010 司書の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

司書になるルート