司書の資格ガイド

司書の試験勉強を通信教育で

司書になる為には、文部科学庁から委嘱された大学で短期間の司書講習を受講するのがもっとも最短になるのですが、仕事をしている方は3カ月もの長期休暇を取ることもできないので、思うように参加できませんよね?

 

そんな方にピッタリなのが、近畿大学の通信教育を使った司書資格の取得方法です。

 

この通信教育は、短期の司書講習をしている大学の通信教育部が運営しているものです。

 

1年をかけて司書の資格を取得できるようにカリキュラムができています。

 

通信教育部の学生として入学することになりますが、入学金などのお金は一切かかりません。

 

通信教育費用と、スクーリングで必要な費用を考えておけば、その他のコストの心配はいりません。

 

各科目に関して1回ずつの添削指導もしてくれますし、週末にはスクーリングも実施しています。

 

スクーリングは、日本全国の主要都市で会場を設置して実施されているので、遠くの大学でも心配いりません。

 

試験問題集もテキストの中に入っているので、司書資格の取得した後に受ける可能性のある、図書館の採用試験対策にも活用することができます。

 

1年間のカリキュラムですが、半年単位で最長1年間まで期限を延ばすことが可能なので、無理なく司書資格取得の勉強に打ち込むことができます。

 

インターネット大学というシステムを導入しているのは八洲学園大学の生涯学習学部で、中でも多忙な方に適した内容で作られています。

 

その他にも、数多くの大学で図書館司書の資格取得の為の通信教育課程が行われていますので、いろいろチェックしてみましょう。

 

それぞれの大学で、必要な費用にも差があります。

司書の試験勉強を通信教育で関連エントリー


本のエキスパートになるためのガイドです

Copyright (C) 2010 司書の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

司書の試験勉強を通信教育で