司書の資格ガイド

司書の試験勉強を学校で

図書館司書は、資格取得の為の試験がないという変わっている資格です。

 

資格を取るためには、決められた科目を習得しなければならないので、それを学習する場所を決めなければなりません。

 

一般の人が、図書館司書を志す場合には、まず最終学歴がポイントになります。

 

高等専門学校の3年まで修了しているか、大学、短大を卒業している方は、文部科学省が委嘱した大学で、司書の必須科目を取っていれば、その時点で司書の資格が得られます。

 

司書の資格の合格率が100%だというのは、休まないで受講して単位が取れれば、資格が取得できるからです。

 

3か月間の司書講習に出られることさえできれば、司書の資格は入手できてしまいます。

 

司書講習を開講している大学は14校程度あるので、自宅から通学できる大学を選ぶようにします。

 

全国で14校しかないので、少ないと思った方も多いと思いますが、自宅が遠くて通うことが不可能な方のための対策も考えてくれているので安心して申し込むことができますよ。

 

集中講習とは言え、その年に全部の科目を取る必要はありません。

 

仕事をしながら司書資格を取ろうと思っている方は、簡単にまとまった日程を取れないはずです。

 

科目ごと、単位ごと受講することが可能ならば、時間は必要ですが確実に資格取得に向かっていくことができます。

 

司書講習の申し込みはゴールデンウィークぐらいから開始しますので、定員オーバーになる前に申し込みをしておきましょう。

 

書類審査や作文による審査を行って、講習を受けるようになります。

司書の試験勉強を学校で関連エントリー


本のエキスパートになるためのガイドです

Copyright (C) 2010 司書の資格ガイド All Rights Reserved.

司書の試験勉強を学校で