司書の資格ガイド

司書の試験勉強を独学で

司書の試験勉強をしようと思ったら、相当な努力が必要です。

 

司書の資格を取るための試験はないのですが、司書として仕事をするために採用試験を受験しなければならないので、採用試験対策をしなければいけないのです。

 

はじめに、司書の資格を取得するためには、必須科目の修得が条件ですから、独学でどうにかできるというものではありません。

 

しかし、大学で単位を習得するか、通信教育で単位を習得するか選ぶことはできます。

 

どちらを選択するかで、司書の資格を取得するまでの時間が違ってきます。

 

大学の短期集中講習を受講することができれば、最短で3カ月で習得できるところを、自分の進み具合で学習できる通信教育を選択すると、資格取得までに1年ほどかかることになります。

 

ですがその代わり、好きな時間に学習できますし、スクーリングも自宅から近い会場に行けば良いので、精神的な負担はそれほど大きなものにはならないでしょう。

 

資格の取得までの過程が、そんなに難しくないのが司書の特色です。

 

ですが、司書として図書館で働こうと思うと状況は全く変わります。

 

図書館の殆どが公立で、各自治体が運営していますが、その採用についても同じですので、自治体によって採用試験の内容が異なるのです。

 

試験の内容は違いますが、司書の資格を取っていることが条件となっている採用試験の場合は、専門知識を出題されることが多いので、さまざまな情報を集めることが大事です。

 

それぞれの自治体で実施された、過去の司書採用試験に関しては、みんな難問ばかりです。

 

教養問題については、公務員試験を受ける意気込みで、勉強しておくとよいでしょう。

 

司書の試験勉強を独学で関連エントリー


本のエキスパートになるためのガイドです

Copyright (C) 2010 司書の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

司書の試験勉強を独学で