司書の資格ガイド

司書の試験概要

図書館司書の資格を習得するために実施される試験はありません。

 

図書館司書は、必要な科目の単位を取っていれば、資格が与えられるのです。

 

ですが、資格をもっているからと言って、すぐさま図書館で勤められるわけではありません。

 

図書館で働きたければ、各図書館で実施される試験に合格しなければなりません。

 

国立図書館や公立図書館、大学図書館や小中高などの学校の図書館で司書として勤める場合でも、採用試験を受験することになるので、すぐに図書館で司書として仕事を始めることはできないのです。

 

特に、国立大学付属図書館で働きたくて司書資格を取得した方は、国家公務員採用二種試験の図書館学に合格しなくてはなりません。

 

司書資格を得るための試験がないかわりに、司書として仕事をするために試験を受けなければいけないのです。

 

図書館に勤めている人は、割と長い年月働くことが多いので、欠員がないと採用試験を行いません。

 

なので、常に注意しておかないといけないのですが、なかなかそういうふうには出来ません。

 

そこで派遣会社などで司書として登録しておいて、常時紹介してくれるようにしておきましょう。

 

司書採用試験の内容は、教養問題が複数に、専門知識に関する記述式の問題が出題される場合が多いようです。

 

記述式では、図書館を利用したことのない人達に対して、図書館の重要性や意義を理解させる説明について書かせる問題や、口述式の試験、集団でディスカッションさせる試験など、採用機関別で試験内容が全然異なってくるので、希望する図書館があったら、資格のための勉強と同時に採用試験対策もしておくといいでしょう!

 

司書の試験概要関連エントリー


本のエキスパートになるためのガイドです

Copyright (C) 2010 司書の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

司書の試験概要