司書の資格ガイド

司書の取得期間の目安

図書館司書になる為には、どれほどの時間がかかるのでしょうか?

 

取得の仕方によっては、長い時間がかかるケースがあります。

 

はじめから図書館司書を目標にして学校を選んだ方は、通学しながら、司書になる為に必要な単位を取ることができて、卒業すれば在学中の4年間(短大の場合は2年間)で司書の資格を得ることができます。

 

次に、司書講習を受けることが資格取得の条件になっている方は、3ヶ月間行われる集中講習を受ければ資格が取れるので、全日程受講すれば3ヶ月ちょっとという短い期間で取得できます。

 

大学の司書学科で勉強するのと同じようにはいかないかもしれませんが、司書になるために最低限必要な知識を学習することが可能です。

 

ところで、司書の資格を取得するのにもっとも時間がかかるのは、司書補を経験してから取る方法です。

 

これは、中学校や高校、高等専門学校の3年生までを修了した方に可能な方法で、司書補になって、3年間実務経験をしてから、司書講習を受けて資格を取得をするというものです。

 

この際には、司書講習を行っている大学の中に、司書補になる為の講習もしている大学があるので、そこで3ヶ月程度の講習を受けて司書補に合格するのが、司書への第一歩になります。

 

司書補の立場で司書のサポートをしながら3年間実務をこなすと、司書講習を受ける権利が得られます。

 

3年間の実務経験は長いように思いますが、司書講習を受けた後は、司書補だった頃の経験を活かし、一人前の司書として活躍することができるでしょう。

 

司書の取得期間の目安関連エントリー


本のエキスパートになるためのガイドです

Copyright (C) 2010 司書の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

司書の取得期間の目安