司書の資格ガイド

司書資格取得方法

司書の資格を取る為には、いくつかの手段があります。

 

司書の資格を取得する人が多いのは、ほとんどの人に取得のチャンスがある資格だからでしょう。

 

それは、取得方法を見てみると理解できます。

 

司書になるための資格を取得するには、司書学科などが存在する短大や大学に入学し、在学中に資格取得に必要な科目を履修して、卒業することです。

 

その大学を無事に卒業できなければ、資格を取得したと認められないので、気を付けなければいけません。

 

その次に、司書学科のない短大や大学、高等専門学校を卒業した人が取得する方法です。

 

これらの学校を卒業した方は、毎年夏頃に開講される司書講習を受講して、司書に必要な単位を取ることによって資格を得ることが可能です。

 

インターネットで文部科学庁のページを閲覧すると、春頃から司書講習の受付が始まり、7〜9月まで実施される集中講習の内容が分かります。

 

この司書講習は、司書学科の卒業生の方が単位をとりこぼしていたケースにも有効です。

 

司書講習をしている大学は、全国で14大学程度なので、通学が大変かもしれません。

 

司書講習を受講するには、申し込みの後書類審査のみの大学もあれば、作文などを書かなければいけないところもあります。

 

その他には、通信教育により単位を取ることができます。

 

最後の方法としては、最終学歴が中学や高校卒業の方や、高等専門学校を3年生まで修了した方が司書になれる方法があります。

 

それは、司書の補助役として3年間図書館で実務経験をして、司書講習の受講権利を満たしてから講習を受けて資格を取得するというものです。

 

司書資格取得方法関連エントリー


本のエキスパートになるためのガイドです

Copyright (C) 2010 司書の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

司書資格取得方法