司書の資格ガイド

司書の資格についての概要・種類

司書の資格を取るためには、3つのルートがありますが、ほとんどの方が3つのどれかに該当しているので、大多数の方に受験できる権利があると言えます。

 

司書の資格を取得するのに年齢制限はついていませんので、いつから資格のための勉強をスタートしても良いのです。

 

ですが、司書の資格を取ったとしても、それで司書になれるというものではなく、図書館に就職ができることが約束されたということでもありません。

 

司書として図書館で仕事をするためには、司書採用試験に合格しなければならないからです。

 

採用試験では、資格を取得するために学習したことが出されるので、受講した内容十分に理解しておかなければなりません。

 

司書の資格を取得するには、必修科目と選択科目の単位をたくさん取得しなければなりません。

 

必修科目や選択科目は、図書館法施行規則のっとって設定されている科目ですので、司書学科のある短大や大学に通学している方は、計画的に単位を取ることが可能です。

 

社会に出てから司書の資格を取ろうと思った場合でも、必修・選択科目は取得できます。

 

日程は決まっていませんが、毎年7〜9月の間に集中して講習が行われます。

 

集中講習を実施する大学は、文部科学庁のホームページでチェックすることができるので、申し込み期限を確かめて、大学の方に募集要項を請求しましょう。

 

司書の資格を取得するために最も時間が必要なのは、司書補に就いてから司書になるケースですが、この際にはまず、司書補の講習を受講して司書補の資格を取ってから、図書館で実際に3年間実務経験を積まなければいけません。

司書の資格についての概要・種類関連エントリー


本のエキスパートになるためのガイドです

Copyright (C) 2010 司書の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

司書の資格についての概要・種類