司書の資格ガイド

司書の資格を取る方法は?

司書になるルート
司書の資格を取得するための方法は3つあります。最初は、図書館学に関しての科目がある短期大学や大学に通いながら資格を得る方法です。司書になるために必要な科目を選んで履修すれば、卒業するのと同時に資格が取得できることになります。別の方法としては、短期大学や大学、高等専門学校を卒業してから、司書になる為に必要な司書講習を受けて資格を取得する方法です。司書講習は、夏休み中に文部科学大臣に委嘱された大学で受講することが可能ですので、これらの学校を出ていれば、どなたでも受講できます。これは、司書になりたいと...
司書の資格についての概要・種類
司書の資格を取るためには、3つのルートがありますが、ほとんどの方が3つのどれかに該当しているので、大多数の方に受験できる権利があると言えます。司書の資格を取得するのに年齢制限はついていませんので、いつから資格のための勉強をスタートしても良いのです。ですが、司書の資格を取ったとしても、それで司書になれるというものではなく、図書館に就職ができることが約束されたということでもありません。司書として図書館で仕事をするためには、司書採用試験に合格しなければならないからです。採用試験では、資格を取得するため...
司書資格取得方法
司書の資格を取る為には、いくつかの手段があります。司書の資格を取得する人が多いのは、ほとんどの人に取得のチャンスがある資格だからでしょう。それは、取得方法を見てみると理解できます。司書になるための資格を取得するには、司書学科などが存在する短大や大学に入学し、在学中に資格取得に必要な科目を履修して、卒業することです。その大学を無事に卒業できなければ、資格を取得したと認められないので、気を付けなければいけません。その次に、司書学科のない短大や大学、高等専門学校を卒業した人が取得する方法です。これらの...
司書の取得期間の目安
図書館司書になる為には、どれほどの時間がかかるのでしょうか?取得の仕方によっては、長い時間がかかるケースがあります。はじめから図書館司書を目標にして学校を選んだ方は、通学しながら、司書になる為に必要な単位を取ることができて、卒業すれば在学中の4年間(短大の場合は2年間)で司書の資格を得ることができます。次に、司書講習を受けることが資格取得の条件になっている方は、3ヶ月間行われる集中講習を受ければ資格が取れるので、全日程受講すれば3ヶ月ちょっとという短い期間で取得できます。大学の司書学科で勉強する...
司書の資格取得者の傾向
図書館司書の資格というのは非常に人気があります。図書館が生活の中にあるので、仕事内容をイメージし易いのでしょう。そして、本に携わる仕事というのが、マジメな人がするような気がして、安心感を持つ方も多いと言います。そして、図書館司書の資格が取りやすいと言われている理由としては、短い期間の集中講習を受講するだけで資格が取得できるからでしょうか。最初から図書館司書の資格取得を目指ている方以外の人は、社会人になってから取得することになります。仕事をするようになってから資格を取得するのはすごく大変です。特に...
司書の資格取得にかかる費用
図書館司書の資格を取得するために必要な費用はどのくらいだと思いますか?大学や短大の在学している時に、図書館司書に必須の科目単位を修得する際には、各学校の授業料に含まれているので、計算しなくても良いでしょう。それなら、大学で開講されている、司書講習を受講するとどのくらいの金額がかかるのでしょう。司書講習に必要な金額は、各大学によっていくらかの差があるようです。受講料に関して調べてみますと、仕事をしながら資格を取ろうと思っている方に嬉しい仕組みになっています。一回の集中講習で司書の資格に必要な単位を...
司書の試験概要
図書館司書の資格を習得するために実施される試験はありません。図書館司書は、必要な科目の単位を取っていれば、資格が与えられるのです。ですが、資格をもっているからと言って、すぐさま図書館で勤められるわけではありません。図書館で働きたければ、各図書館で実施される試験に合格しなければなりません。国立図書館や公立図書館、大学図書館や小中高などの学校の図書館で司書として勤める場合でも、採用試験を受験することになるので、すぐに図書館で司書として仕事を始めることはできないのです。特に、国立大学付属図書館で働きた...
司書の試験勉強を独学で
司書の試験勉強をしようと思ったら、相当な努力が必要です。司書の資格を取るための試験はないのですが、司書として仕事をするために採用試験を受験しなければならないので、採用試験対策をしなければいけないのです。はじめに、司書の資格を取得するためには、必須科目の修得が条件ですから、独学でどうにかできるというものではありません。しかし、大学で単位を習得するか、通信教育で単位を習得するか選ぶことはできます。どちらを選択するかで、司書の資格を取得するまでの時間が違ってきます。大学の短期集中講習を受講することがで...
司書の試験勉強を学校で
図書館司書は、資格取得の為の試験がないという変わっている資格です。資格を取るためには、決められた科目を習得しなければならないので、それを学習する場所を決めなければなりません。一般の人が、図書館司書を志す場合には、まず最終学歴がポイントになります。高等専門学校の3年まで修了しているか、大学、短大を卒業している方は、文部科学省が委嘱した大学で、司書の必須科目を取っていれば、その時点で司書の資格が得られます。司書の資格の合格率が100%だというのは、休まないで受講して単位が取れれば、資格が取得できるか...
司書の試験勉強を通信教育で
司書になる為には、文部科学庁から委嘱された大学で短期間の司書講習を受講するのがもっとも最短になるのですが、仕事をしている方は3カ月もの長期休暇を取ることもできないので、思うように参加できませんよね?そんな方にピッタリなのが、近畿大学の通信教育を使った司書資格の取得方法です。この通信教育は、短期の司書講習をしている大学の通信教育部が運営しているものです。1年をかけて司書の資格を取得できるようにカリキュラムができています。通信教育部の学生として入学することになりますが、入学金などのお金は一切かかりま...

本のエキスパートになるためのガイドです

Copyright (C) 2010 司書の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

司書の資格を取る方法は?