司書の資格ガイド

司書の意義・重要性

司書というのは、図書館の受付業務をしているだけで、誰でも出来る仕事だと考えている方はいませんか?

 

図書館で働く司書は、資格を得るために図書館業務について様々な学習をしてその仕事に携わっています。

 

司書の資格を取得するために勉強する内容は、図書館実務に関係する内容と言うよりは、生涯学習にとって図書館がどういう役割を果たさなければならないのか、情報化社会である現在における図書館の位置づけなど、図書館がどうあるべきかについて詳しく考えていくのです。

 

地域社会と深く関わっている公立図書館などで勤務することは、司書の資格を取る際に学習するような、図書館の重要さに関して十分に理解していることが大事で、その上で図書館司書になることが、地域で愛される図書館を作っていく近道になるのです。

 

図書館司書になる為の資格科目を見てみると、科目の数が多いことにびっくりすると思いますが、その分だけ図書館が重要だと思われていると思って頑張りましょう。

 

図書館司書の職を続けていくためには、本を愛おしく思う気持ちが大切です。

 

図書館を利用する方に本を愛する心を持ってもらう為に、ありとあらゆる試みを考えるのも大事な務めです。

 

資格がある司書がリーダーとなって図書館を利用しやすく変えていくことで、たくさんの人が図書館に訪れるようになります。

 

本と人との橋渡しの役目を負っている図書館司書は、図書館をよりよくしていくためにいろいろなアイデアを提案したり、アイデアを実行していく力も必要になります。

 

司書の資格のための勉強をすると、図書館の意義や重要さについて理解できるようになります。

 

これらの知識は新たなアイデアを生み出す基礎となっていくのです。

司書の意義・重要性関連エントリー


本のエキスパートになるためのガイドです

Copyright (C) 2010 司書の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

司書の意義・重要性