司書の資格ガイド

司書の役割

図書館司書としての業務はすごくたくさんあって、単純作業のみではありません。

 

資格を取る時に勉強するたくさんのことは、どのようにして本と人との橋渡しをするか、に関係しています。

 

図書館に来る人が快適に利用することが可能なように設備を整えること、地域の人々が集まってくる図書館に変えていき、図書館と人とを結び付ける役割をするのです。

 

司書にとってカウンター作業は基本の業務ですが、ここでのイメージが利用者の信頼度に深く影響するのですごく重要なポジションです。

 

司書における花形と言われているレファレンス業務とは、利用者が要望する情報を見つけ出す役目で、利用者の望んでいるものを正確に読み取らなければなりません。

 

資格を取る時に勉強した、「図書のエキスパート」としての知識を活かして、利用者のサポートをすることで、縁の下の力持ちとしての役目があるのです。

 

事務関連業務としては、本のコンディションを整えることや、利用者からのリクエストに応えるなどの、図書館としてのサービスを上げていく役目をします。

 

司書教諭になりたい場合には、学校教育に貢献する大事な役割を請け負っていることを忘れないで、資格取得に向けての勉強に打ち込むことが大切です。

 

子どもが感動する本を紹介できるかどうかによって、その子ども達に読書の習慣が付けられるかどうかが決まってきます。

 

素晴らしい本との出会いをアシストする役割を果たすことができたならば、子ども達の心を育てるお手伝いができたということです。

 

資格を所有した司書教諭が考え抜いて、いろいろな角度からアプローチすることで、図書館を利用する子ども達に、本の本当のおもしろさや大切さが伝えることができるのです。

 

本のソムリエと呼ばれている図書館司書には、以上のような多くの大切な役割があるのです。

 

司書の役割関連エントリー


本のエキスパートになるためのガイドです

Copyright (C) 2010 司書の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

司書の役割