司書の資格ガイド

司書の勤務時間

司書の勤務時間は、働いている図書館などの開館時間にあわせた勤務体制になっています。

 

大部分の図書館が、夜遅い時間まで開いていますし、土日も関係なく開いているので、勤務時間も同様に土日も関係なく、長時間労働になったり遅番になったりなどの時差出勤になるケースもあります。

 

書籍の整理や点検業務を夏季にすることが多いので、夏休みの時期に長期の休暇を取るのは難しいでしょう。

 

図書館の開館時間が長いため、勤務時間はローテーション制になっているのが大半です。

 

司書の資格のあるなしに関係なく、1日8時間勤務で、休憩が1時間というのが一般的です。

 

図書館の開館時間が決められていることから、残業は滅多にないでしょう。

 

公立図書館などでは、パートやアルバイトで司書の募集をしているケースもたくさんありますが、資格の有無を条件に付けている所はそんなにありません。

 

こういう場合は、1日4時間程度の勤務時間で募集しているケースもありますし、1週間の勤務時間を設定しているとこもあります。

 

図書館司書の仕事をするためには、司書を募集しているところを探すことをしなければなりません。

 

どうしてかと言うと、図書館司書の募集がそんなにたくさんないためです。

 

さらに、勤務時間を見てみると、フルタイムで働ける司書の職場があんまり多くないことが分かります。

 

資格を取得していたとしても、週に2〜4日までの交代勤務になっている所が多いのが現実です。

 

これが司書だけで食べていくのは難しいと言われる理由かもしれません。

 

資格がある方で、かつ正職員で採用されればいいのですが、そうではないなら時給も800円〜1000円程度が殆どなので、労働時間で換算するとギリギリ10万円を超えるぐらいと言ったところです。

 

司書の勤務時間関連エントリー


本のエキスパートになるためのガイドです

Copyright (C) 2010 司書の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

司書の勤務時間