司書の資格ガイド

司書の仕事内容

資格を取得するのが比較的楽な図書館司書は、図書館またはたくさんの資料が収まっている資料室などで、莫大な書籍や資料を整理して、貸し出す業務をしている人のことを指します。

 

書籍だけではなく、雑誌や新聞、CDも扱い、貸し出しがスムーズにできるように分類して管理します。

 

数多くの種類の図書類を分類する為に、分類記号を書籍につけてパソコンで管理できるように整理することも大切な業務です。

 

司書の資格取得では、図書館を使いやすくするための勉強もします。

 

このような手間のかかる作業を全ての書籍にすることによって、利用者が求めている本を容易に見つけることが出来るようになります。

 

楽に本の検索が出来るように管理するのも、見やすいように本棚に並べるのも司書の仕事ですし、図書館内だけじゃなくて、移動図書館等の運営も司書が従事する仕事なのです。

 

単純な作業ばかりのこともありますので、忍耐力と根気が必要な職業だと言えます。

 

あと1つ、司書についての資格で司書教諭という職業があって、司書としての仕事と共に、学校の図書室で本の管理を行う仕事もします。

 

司書教諭では学校の先生としてクラスの担任になりながら、司書の仕事も掛け持ちする場合が多く、資格を持った司書が学校の図書室に専属でいるケースは滅多にないようです。

 

学校側は、子どもの本離れをなくそうと、子どもが関心を持つ本を考えて購入したり、読み聞かせなどをすることで本を身近に感じてもらう活動もしています。

 

学級文庫などで長い間読まれて、傷がついた本の修理作業も大事な業務です。

 

また、どんな本を読んもうか悩んでいる生徒の相談に乗って、その子が読みたいと思う本を選んであげたり、読書の仕方を教えてあげたりするのも司書教諭として大切な業務になります。

司書の仕事内容関連エントリー


本のエキスパートになるためのガイドです

Copyright (C) 2010 司書の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

司書の仕事内容