司書の資格ガイド

司書に求められる能力

司書はどちらかと言えば取得するのが簡単な資格だと言われていますが、楽に務まる職業ではありません。

 

では、司書の資格を取った人に対してどのような能力を求められているのでしょうか?

 

司書の資格を取って、図書館で働く時には、最新の知識や情報をいつも把握している必要があるでしょう。

 

日々更新されていく莫大な量の情報について行くことができなければ、その図書館に訪れた方が納得するサービスはできないでしょう。

 

ですから、司書を務めていくためには、新しい情報をすばやくキャッチできる腕が必要ですし、新しい情報を覚えておかなければなりません。

 

司書に必要な能力として挙げられるのは、図書館の利用者が希望しているものを確実に探し出す能力、莫大な資料に関して把握できる能力、広い範囲の知識を身に付けていること、様々な利用者に対応できるような教養があること、図書館でしなければならない業務について熟知しているなどが考えられます。

 

しかし、これらの能力が優っているからと言って司書がこなせるかと言うと、そうとも言いきれないのです。

 

司書の資格を獲得した方がこれらの能力を備えつつ、その方の性格が司書として適性であるかどうかが大事になってきます。

 

司書に向いている性格で挙げられる最も重要なことは、本を読むことが好きであるということと、人と関わることが好きであること、人の為に何かをすることに喜びを感じる人であること、膨大な情報量から目的のものを探し出す忍耐力があること、または、整理整頓が好きであることなどです。

 

司書というのは、特殊な職業であることからも、能力と適性力のバランスがとれた方が適しているでしょう。

司書に求められる能力関連エントリー


本のエキスパートになるためのガイドです

Copyright (C) 2010 司書の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

司書に求められる能力