司書の資格ガイド

司書の職場

司書が働く図書館というところは、穏やかな雰囲気で静かな空間で仕事がしたいという方にピッタリの職場です。

 

図書館司書の資格を得た人が勤務できる図書館にはいくつかの種類があります。

 

最初に、国立図書館(国立国会図書館)、それと同等に区別されている公の図書館(議会図書館・国立公文書館・官公庁の図書館など)です。

 

これらの図書館は特別なところで、普通の図書館では入手できない貴重な資料も所蔵しているので、司書としてよりも高度な知識が要求されますので、資格を取得していてもそれ以上のスキルが必要になってくると思います。

 

実際には国立図書館で勤める人には司書の資格は必要なくて、国家公務員採用試験と職員採用試験に合格することが条件になっています。

 

その次は、地方公共団体が管理している公共図書館です。

 

これらは地域に深く関わり合いがある存在ですので、行くのが楽しくなるような図書館作りができる司書が理想的です。

 

資格を受験する時に勉強する、図書館の大切さや役割というものをしっかり理解して働くことが大事です。

 

その他には、大学図書館もあります。

 

大学で学習している学生が希望する書籍や資料を見つけ出し、貸し出しをして情報提供をしています。

 

大学図書館は、公立図書館として分類されるので、一般の方も利用することが可能ですが、各大学の研究に関する専門書が集められていることも多いので、研究機関の役割も果たしていると言えるでしょう。

 

また、小中高の学校に存在する図書館では、さらに司書の役割が大きくなってきます。

 

学校教育の役に立つ本や資料を収集することによって、学校教育を担っていく役割があります。

 

あとは専門的なものだけを扱った図書館もあります。

 

このように図書館司書の方が勤める図書館には、それぞれの特徴があるのです。司書の資格についての概要・種類

司書の職場関連エントリー


本のエキスパートになるためのガイドです

Copyright (C) 2010 司書の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

司書の職場