司書の資格ガイド

司書のニーズ

近年、図書館司書のニーズが多くなっているとは言っても、仕事に就けるのはなかなか大変なのが実状です。

 

図書館は、学校にある以外に、公立図書館など、地域と密着しているものが多くあるのですが、公立図書館というはその地域の財政状態に非常に影響されるので、毎年必ず募集があるとは限りませんし、地域の図書に対する考え方もさまざまでしょう。

 

ですが、本の大切さを幼いころから知ってほしいという考えが多くなってきているため、図書館内で数多くの行事が開催されるようになり、資格を持った司書のニーズがちょっとずつ多くなってきています。

 

そこで、必要になってくる司書というのは、司書としての基本的な仕事に加えて、教育的な仕事に柔軟に応じることができる人材です。

 

さらに、資格を持っていて、学校の図書館で勤務していている司書の方で、司書として100%業務に従事できている人は少なく、その他の業務と掛け持ちしていたりと、本来の業務ができない場合もかなりあります。

 

そうは言っても、子どもの読書に対する関心を持たせることに力を入れている現在では、司書としての従来の役割に期待を持っている学校が多くなってきたこともあり、近ごろでは図書室専属の資格を持っている司書を雇用することも増加してきています。

 

大学の図書館においても、司書資格所有者のニーズが高まってきています。

 

大学図書館の司書有資格者に必要になってくるのは、その大学で扱っている研究や、情報を集めるための参考になるような資料の管理などができるというような人材ですので、高度な知識が必要になってくるため、大学図書館の司書に就くには大変な努力が必要でしょう。

 

幅の広いニーズに応じられるような司書が求められているのです。

 

 

司書のニーズ関連エントリー


本のエキスパートになるためのガイドです

Copyright (C) 2010 司書の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

司書のニーズ