司書の資格ガイド

司書の仕事って?

司書のニーズ
近年、図書館司書のニーズが多くなっているとは言っても、仕事に就けるのはなかなか大変なのが実状です。図書館は、学校にある以外に、公立図書館など、地域と密着しているものが多くあるのですが、公立図書館というはその地域の財政状態に非常に影響されるので、毎年必ず募集があるとは限りませんし、地域の図書に対する考え方もさまざまでしょう。ですが、本の大切さを幼いころから知ってほしいという考えが多くなってきているため、図書館内で数多くの行事が開催されるようになり、資格を持った司書のニーズがちょっとずつ多くなってき...
司書の給料・初任給
ところで資格を取得している司書の給料は一体どのくらいのなのでしょう?図書館司書と一言で言っても、雇用の形式によって給料の金額にすごく差があります。資格を持っているので、そこそこの給料を期待している方もいらっしゃると思いますが、現実はそんなに高い金額ではありません。資格があったとしても、パートで働いている方もいますし、契約社員・派遣社員・嘱託職員として働いている方も非常に多い職種なのです。勿論、正社員として勤務している方もいますが、給料は高くないのが実状です。日給で換算してみると、6500円〜80...
司書に向いている人
司書という職業は、どのような性格の方が適しているのでしょうか?司書の資格を取得する方は、本が好きであることが多いのですが、この仕事は本が好きというだけではできない職業なのです。図書館の受付カウンターで、返却や貸出し業務のみなら大丈夫ですが、図書館を訪れた人のニーズに応じることができるように、本や資料に関する幅広い知識が必要ですし、情報検索に関する技術や、探究心も備わっている人に向いています。司書は資格を持っていてもそれだけでは役立つことができません。図書館に来た人とのコミュニケーションがスムーズ...
司書に求められる能力
司書はどちらかと言えば取得するのが簡単な資格だと言われていますが、楽に務まる職業ではありません。では、司書の資格を取った人に対してどのような能力を求められているのでしょうか?司書の資格を取って、図書館で働く時には、最新の知識や情報をいつも把握している必要があるでしょう。日々更新されていく莫大な量の情報について行くことができなければ、その図書館に訪れた方が納得するサービスはできないでしょう。ですから、司書を務めていくためには、新しい情報をすばやくキャッチできる腕が必要ですし、新しい情報を覚えておか...
司書の仕事内容
資格を取得するのが比較的楽な図書館司書は、図書館またはたくさんの資料が収まっている資料室などで、莫大な書籍や資料を整理して、貸し出す業務をしている人のことを指します。書籍だけではなく、雑誌や新聞、CDも扱い、貸し出しがスムーズにできるように分類して管理します。数多くの種類の図書類を分類する為に、分類記号を書籍につけてパソコンで管理できるように整理することも大切な業務です。司書の資格取得では、図書館を使いやすくするための勉強もします。このような手間のかかる作業を全ての書籍にすることによって、利用者...
司書の勤務時間
司書の勤務時間は、働いている図書館などの開館時間にあわせた勤務体制になっています。大部分の図書館が、夜遅い時間まで開いていますし、土日も関係なく開いているので、勤務時間も同様に土日も関係なく、長時間労働になったり遅番になったりなどの時差出勤になるケースもあります。書籍の整理や点検業務を夏季にすることが多いので、夏休みの時期に長期の休暇を取るのは難しいでしょう。図書館の開館時間が長いため、勤務時間はローテーション制になっているのが大半です。司書の資格のあるなしに関係なく、1日8時間勤務で、休憩が1...
司書の役割
図書館司書としての業務はすごくたくさんあって、単純作業のみではありません。資格を取る時に勉強するたくさんのことは、どのようにして本と人との橋渡しをするか、に関係しています。図書館に来る人が快適に利用することが可能なように設備を整えること、地域の人々が集まってくる図書館に変えていき、図書館と人とを結び付ける役割をするのです。司書にとってカウンター作業は基本の業務ですが、ここでのイメージが利用者の信頼度に深く影響するのですごく重要なポジションです。司書における花形と言われているレファレンス業務とは、...
司書の意義・重要性
司書というのは、図書館の受付業務をしているだけで、誰でも出来る仕事だと考えている方はいませんか?図書館で働く司書は、資格を得るために図書館業務について様々な学習をしてその仕事に携わっています。司書の資格を取得するために勉強する内容は、図書館実務に関係する内容と言うよりは、生涯学習にとって図書館がどういう役割を果たさなければならないのか、情報化社会である現在における図書館の位置づけなど、図書館がどうあるべきかについて詳しく考えていくのです。地域社会と深く関わっている公立図書館などで勤務することは、...
司書の職場
司書が働く図書館というところは、穏やかな雰囲気で静かな空間で仕事がしたいという方にピッタリの職場です。図書館司書の資格を得た人が勤務できる図書館にはいくつかの種類があります。最初に、国立図書館(国立国会図書館)、それと同等に区別されている公の図書館(議会図書館・国立公文書館・官公庁の図書館など)です。これらの図書館は特別なところで、普通の図書館では入手できない貴重な資料も所蔵しているので、司書としてよりも高度な知識が要求されますので、資格を取得していてもそれ以上のスキルが必要になってくると思いま...

本のエキスパートになるためのガイドです

Copyright (C) 2010 司書の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

司書の仕事って?